米国産牛輸入、26日告示強行






[PR]



2008年06月25日(Wed)
米国産牛輸入、26日告示強行
韓国政府と与党・ハンナラ党は25日の幹部会で、米国産牛肉輸入再開の官報告示を26日に行う方針を決めた。輸入反対の世論動向を見守り告示を先送りしてきたが、これ以上遅れると米韓関係に悪影響を及ぼすと判断した。青瓦台(大統領官邸)は24日、世論対策を本格化させるため組織改編を実施。一方、警察が輸入反対のデモ隊の取り締まり強化を明らかにするなど、李政権は硬軟織り交ぜて攻勢に転じている。

 韓昇洙(ハンスンス)首相は25日の政府与党幹部会で「国家間の合意事項の順守が重要だ」と早期告示の必要性を訴え「いまや国政を正常化させ、経済回復の計画を推進する時だ」と語った。

 これに先立ち李明博(イミョンバク)大統領は24日の閣僚会議で「国家の正統性に挑むデモや不法行為には厳格に対処すべきだ」と、秩序回復を指示。これを受け法務省も同日、ソウル市庁前広場でテントを張って立てこもるデモ隊に自主的に立ち退くよう要請した。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~YAHOOニュースより、、、


今回の大統領は大変そうですね〜。

まあでもいいんじゃないかな〜

肉、、、アメリカでひとに影響でてんのかな〜


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント

最新情報最前線

スーパーニュース

世界中情報

FXブロードネット